社会人・現役での看護・医療系受験専門なら日本看護医療予備校

日本看護医療予備校の特色

1.個別指導によるやさしく、わかりやすい授業

年々多様化する看護・医療系学校に合格する秘訣は、学校によって異なる入試傾向にどう対応するかです。

その為には個別指導による受験指導でかつ、その指導がきちんとできる専門家が必要です。

当予備校の講師陣は看護・医療系学校受験を専門とするエキスパート集団が揃っています。

限られた時間で全科目について生徒一人ひとりの学力と進度、理解度にあわせて個別指導でやさしく、わかりやすくをモットーに効果的な授業を展開します。

それはまた徹底した個別指導だからこそできるのです。

2.充実の面接指導・願書記入指導

看護・医療系入試では学科試験ができたとしてもしっかりとした職業観に基づいた考え、意見を述べられなければ合格はありえません。

当予備校においては、校長自ら各学校で実施された面接内容を軸に面接指導を実施しています。

また、入学願書の書き方や面接時の「社会人特有の質問対応法」も一人ひとりしっかり指導しています。

3.静かな自習専用ブースを利用できる

個別で仕切られた自習専用ブースで授業がない日や授業時間帯の前後などいつでも利用できます(校舎により異なります)。

4.合格保証制度

入試まで大学受験は12ヶ月以上、専門学校受験は6ヶ月以上在籍した生徒が、万が一不合格になった場合、合格するまで次年度より月謝を半額にします。

これは日本看護医療予備校が受講生の皆さんを合格させる指導内容と実績があるからなのです。

※受講期間中の欠席及び出題された課題・宿題忘れが1/5以下であることなどの諸規定があります。次年度はテキスト代・校舎管理費・期別講座代は別途必要です。